[L104-HH04]
教職(選択):教職免許法施行規則第66条の6に定める科目
授 業 期 間 2023年度 通年 授 業 対 象 指定なし(M学部を除く) 月4or火4
科  目  名
健康とスポーツ演習 (〜運動のある健康的生活スタイルを模索してみませんか〜)
(Health Sports Seminar)
科 目 責 任 者 安倍 希美 単  位  数 2単位
担  当  者 安倍 希美※
授 業 の 目 的

身体的健康には運動・栄養・休養(睡眠)が必要ですが、運動は意識しないと怠りがちです。この授業では、対面授業・学習支援ソフトMoodle(ムードル)を使用したオンライン授業・自主活動の3つの学習形態を軸とします。各目的は①対面授業:多様な運動スキルを安全に向上させ、人と人との絆の深まりを体験的に学習する ②オンライン授業:運動・応急手当・手話の基礎知識を学習し基本スキルを個人学習する、運動とは何かを考える ③自主活動:授業を契機として、ウォーキング・ストレッチ、地域でのスポーツ活動等が実施できるように努力し、各自に応じた運動のある生活スタイルを模索する。そして将来には精神的・社会的健康にも思いを巡らせる事のできる、豊かな人間性を備えた社会人となる事を目指します。

教 育 内 容

①対面授業:授業実施場所は主に体育館とグラウンド、多様な人と安全に触れ合いながら各種運動の基本スキルを習得し、時に参加者の状況に応じたルールを運用しながらゲームを行う、Moodleにて配布する授業参加記録票「JSK」(ワードファイル)に活動内容や感想を記録 ②オンライン授業:Moodleには回数毎に授業用動画のURL並びに文字資料を提示、各運動の基礎知識・基本動作等を学習、手話学習により動きの抽出・表現法を学び交流の手段を広げる、体育・スポーツの現状と問題点の学習等も通じて運動を考える、「JSK」に活動内容等を記録、理解確認のための「アンケート」への回答 ③自主活動:自主的にスポーツ運動に参画しようと努めたその過程・思い・問題点等を記録する。そして「レポート」作成により運動のある健康的な生活について俯瞰的に考察しますよ。

教 育 方 法

①対面授業:安全第一に全体・グループ・レベル別学習の段階的実施、「JSK」に活動内容を継続的に記入し前期末と後期末の2回オンライン提出 ②オンライン授業:教員の指示の基、運動・手話・思索の個人学習、「JSK」に活動内容を記入、「アンケート」は1週間以内にオンライン回答 ③自主活動:基本的に個人で実施しますが教員は必要に応じて助言。「レポート」は「JSK」後期分の最後に含まれます ~個別の相談は「メッセージ」を利用、質問や意見は「フォーラム」で情報共有、安倍担当の他の演習履修者とも情報共有するため統一のMoodleを使用予定~

【フィードバックの方法】提出物やアンケートには適宜特徴的な見解や解説を提示、対面授業でも対応

準 備 学 習
(予習・復習)

【授業時間外に必要な学習の時間:30時間】

予習:試合観戦・TVやインターネットでの映像視聴等で運動やルール等を把握する、手話を含み動作に興味を抱く

復習:各種運動の基本姿勢・基本動作や用具の取扱い各種ルール・手話等を確認する、運動とは何かを考える、JSKの記録やMoodleのアンケート回答より授業内容を振り返る、自主活動への過程や思いを記録し、自分の生活と思考を適宜振り返り、後期末には俯瞰的考察を加えてレポートを作成する

担当者 項目 授業内容
1 安倍
【対面】 

ガイダンス

自己紹介、授業方法・内容や評価基準の説明、Moodleの使用法と学生マニュアルの紹介、図書館の利用法等

2 安倍
【対面】

授業と仲間に慣れる

全体:ストレッチ、各種体操、軽運動、リクリエーション活動等、交流の始まりです!JSK前期分のMoodle上配布

3 安倍
【オンライン】

バドミントン1

JSK前期分の配布

歴史的背景・基本事項、基本技術・練習法、ルール、安全管理、手話等

個人練習:基本姿勢・グリップの確認・団扇等で素振り・イメトレ等、JSK前期分のMoodleでの配布

4 安倍
【対面】

バドミントン2

全体:素振り、サーブ・ドライブ・クリア・スマッシュ・ドロップ等、ローテーション交流ラリー(シングルス&ダブルス)交流バドミントン大会です。

5 安倍
【対面】

バドミントン3

全体:素振り、サーブ・ドライブ・クリア・スマッシュ・ドロップ等、ローテーションラリー(シングルス&ダブルス)

6 安倍
【オンライン】

バレーボール1

(確認アンケート)

歴史的背景・基本事項、基本技術・練習法、ルール、安全管理、手話等

個人練習:アンダーレシーブー&オーバーパスの姿勢・サーブの素振り・アタックのイメトレ等

思索:小中高の学校体育を振り返る

7 安倍
【対面】

バレーボール2

全体:ドリブル・キャッチボール、アンダースロー&レシーブ、オーバースロー&レシーブ、チェスト~デコ~オーバーパス等、

グループ:円陣パス、ミニゲーム(ワンバウンドレシーブや投げ入れサーブ等)

8 安倍
【対面】

バレーボール3

グループ:アンダーレシーブ、オーバーパス、アタック、サーブ、メンバーチェンジをしながら3ゲーム程度

9 安倍
【オンライン】

卓球・バスケットボール

歴史的背景・基本事項、基本技術・練習法、ルール、安全管理、手話等

個人練習:基本姿勢、素振り、イメトレ等

思索:クラブ活動を振り返る

10 安倍
【対面】

選択種目:卓球・バスケットボール・バレーボール

種目別グループ活動:グループで相談して準備運動・基礎練習・ゲーム

11 安倍
【対面】

種目ローテーション1

卓球・バレーボール・バドミントン等のローテーションによりゲームを楽しむ

12 安倍
【オンライン】

ソフトボール1

(確認アンケート)

歴史的背景・基本事項、基本技術・練習法、ルール、手話等

個人練習:基本姿勢・投球練習・グリップの確認・素振り・イメトレ

思索:大学・大学生におけるスポーツを考える

13 安倍
【対面】

種目ローテーション2

バレーボール・卓球・ドッジボール等のローテーション

14 安倍
【対面】

バドミントン4

選択種目:バレーボール・バドミントン・卓球等

全体:バドミントン交流ラシー

種目別グループ活動:グループで相談&協力して準備運動・基礎練習・ゲーム

15 安倍
【対面】 

前期提出物の確認、個別指導

前期提出物:JSK前期分を8月中にMoodleにて提出、夏休み中の生活指導等

評価は後期末に行うので前期末での中間評価は行いません

16 安倍
【オンライン】

フライングディスク1

JSK後期分(レポート含む)配布

歴史的背景・基本事項、基本技術・練習法、ルール、安全管理、手話等

個人練習:スナップ ・紙皿投げ等、JSK後期分のMoodle上での配布

思索:今迄の体育・スポーツを振り返りながら運動とは何かを考える

17 安倍
【対面】

フライングディスク2

全体:フォア&バックハンドでの握り方と投げ方、フリースロー

グループ:アルティメット・デイスタンス等のゲーム

18 安倍
【対面】

ソフトボール2

基礎練習:全体:キャッチボール(アンダー・オーバー・ゴロ・フライ等)・バッティング、グループ:4人→6~8人でバッティング主体

19 安倍
【オンライン】

テニス1

(確認アンケート)

歴史的背景・基本事項、基本技術・練習法、ルール、安全管理、手話等

個人練習:基本姿勢・ラップの芯等でグリップの確認・うちわ等で素振り等

思索:スポーツにおける勝利への手段・公正と不正

20 安倍
【対面】

テニス(硬式)2

初心者:素振り、テニスマシンで基礎練習(グラウンドストローク等)

経験者:ミニラリー、サーブ、半面ワンバウンドローテーションラリー

21 安倍
【対面】

テニス(硬式)3 

初心者:素振り、テニスマシンで基礎練習(グラウンドストローク等)

経験者:サーブ、ローテーションシングルス&ダブルス

22 安倍
【オンライン】

応急手当

(確認アンケート)

心肺蘇生法(乳幼児・成人)、三角巾法、体温異常(低体温症・熱中症)等

個人練習:ペットボトルでの圧迫練習等

思索:スポーツによる入学・就職、組織・地域の活性化、問題点

23 安倍
【対面】

ソフトボール3

全体:サーブ・ローテーションシングルス&ダブルス

グループ:レベル別でのラリー・ゲーム等

24 安倍
【対面】

ソフトボール4

種目別グループ活動:グループで相談&協力して準備運動・基礎練習・ゲーム

25 安倍
【オンライン】

ゴルフ様スポーツ1

(確認アンケート)

ゴルフ、グラウンド・ゴルフ、ターゲットバードゴルフ、マレットゴルフ、パークゴル等の歴史的背景・基本事項、基本技術・練習法、ルール、手話等 

個人練習:基本姿勢・グリップの確認・素振り・イメトレ等

思索:健康日本21・健康長寿とは

26 安倍
【対面】

ゴルフ様スポーツ2  

グラウンド・ゴルフ:グループ別にクラブ・ボール・ゴールに慣れる、ゲーム

ターゲットバードゴルフ:グループ別にクラブ・ボール・ホールに慣れる

27 安倍
【対面】

選択種目:テニス・ゴルフ様スポーツ・サッカー等

種目別グループ活動:グループで相談&協力して準備運動・基礎練習・ゲーム

28 安倍
【オンライン】

ウォーキング1

(確認アンケート)

歩数・歩幅、時間・距離、消費カロリー、スマホやスマートウオッチ等による活動管理等

思索:運動の継続を阻害するものとその解決策、将来と現在を考える

29 安倍
【対面】

ウォーキング2

後期提出物の確認

スマホやスマートウオッチと共にウォーキング、お別れ会、天候が良ければ大学周辺でグリーンスポーツの体験を兼ねる

後期提出物:JSK後期分(レポート含む)を12月中にMoodleにて提出

30 安倍
【オンライン】 

レポート書式の確認

個別指導

レポート書式:1.タイトル:運動のある生活スタイルの模索、2.着眼点、3.結果、4.考察・感想、5.今後の展望 6.参考にしたもの。A4版1枚程度

到 達 目 標

①毎回積極的に参加し、運動・交流スキルを自律的に良い方向に導く遂行能力が修得できる

②誠意あるJSKへの記録とアンケートへの回答より、授業内容を振り返る継続的学習能力が修得できる

③自主活動への過程や思いを記録し効果的なレポート作成する、継続的学習能力・ 表現力が発揮できる

④現在より将来を俯瞰的に展望し、運動のある健康的な生活スタイルを模索する意欲が持てる

成 績 評 価 の
方 法 と 基 準

試験方法:なし    実施時期:

①手話を含み動作に興味を抱きつつ、運動・交流スキルが自律的に適切に得られた(40%)

②JSKへの記録とアンケート回答への誠実的継続性にて、授業を振り返る事ができた(30%)

③自主活動への過程や思いを記録し結果を纏め、効果的なレポートを作成・提出できた(15%)

④将来に亘る運動のある生活スタイル実現化へのイメージが形成できた(15%)

 ~体調不良等で対面授業に参加できなくても、深く気にせずにまずは相談して下さい~

学 生 へ の
メ ッ セ ー ジ
(その他注意等)

1)運動神経抜群・運動苦手、几帳面・ずぼら、社交的・ボッチ、様々なタイプの人がこの授業を履修して下さい!普段は出会えないかもしれない人々と運動を通して交流し、知り合い・友達になれると良いですね 2)動きやすい服装で、室内の時は室内履き、屋外の時は帽子・スニーカー着用です。行事や社会状況、特に屋外種目の時は天候や地面の状況等により、内容・計画の一部を変更する場合がありますが、事前に周知します。参考書は購入の義務はありません 3)マスク等はガイドラインに準じますが、気になる事は遠慮なく相談して下さい。一緒にゆっくりじっくり進んで行きましょう!

実務経験の授業
への活用方法

企業の技術室でのアナログ資料をデジタル資料化する実務経験より、生身の人間の周辺にて生じるアナログ資質のデジタル化の可能性・適切性等について、折に触れ実例を示しながら説明し、その概念を学生がJSK・レポート・今後の人生において反映させ、物事を捉える視野を拡大できるよう活用する。

教科書・参考書 書 名 著 者 名 出 版 社 名 定 価(円)
参考書

人間であること

時実利彦 岩波新書 740円
参考書

使える!スポーツ手話ハンドブック

「スポーツ関連用語集」編集委員会 全日本ろうあ連盟 1,300円
参考書

観るまえに読む大修館スポーツルール 2023

大修館書店編集部 大修館書店 1,980円
参考書

社会人のための 問題解決力 自分で考え、行動するということ

日沖 健 産業能率大学出販部 1,400円
参考書

デジタル時代のアナログ力

浅間正通・山下巌 学術出版会 2,400円