[L104-HH04]
教職(選択):教職免許法施行規則第66条の6に定める科目
授 業 期 間 2023年度 通年 授 業 対 象 指定なし(M学部を除く) 木4
科  目  名
健康とスポーツ演習 (楽しく安全に身体を動かそう)
(Health Sports Seminar )
科 目 責 任 者 朴 ジョンヒョク 単  位  数 2単位
担  当  者 朴 ジョンヒョク
授 業 の 目 的

身体活動量の低下(運動不足)は,肥満や生活習慣病のリスクを高めるだけでなく,うつ病や認知症といった精神疾患 の発症リスクを高める.一方,習慣的な運動習慣は,健康的な体型の維持,体力・筋力の向上およびメンタルヘルスに 有益な効果をもたらす.したがって,生活の中に運動・スポーツを取り入れ,将来の社会活動の活動基盤となる体力お よび生涯スポーツ実践のための方法や技術,身体運動に関する知識を学習することは極めて重要である.本科目では, 運動およびスポーツを通じて受講生各自の健康と体力の改善を図るとともに,生活習慣と自己管理能力を向上させ,生涯スポーツへの契機を修得する.さらに,スポーツを通じてコミュニケーション能力の改善・向上を図る.

教 育 内 容

体育館内では主にバドミントン,フットサル,バレーボールを行う.屋外では(5人制,8人制)サッカー,テニス,アルティメットを中心に行い,集団スポーツ種目では,基本的な技術を指導した後,ゲームの中で適切なプレーが出来るように指導する.特にチームスポーツでは,編成されたチーム内で互いに教え合い,協力してスポーツに取り組む姿勢を見につける.*授業の内容を変更する場合がある.

教 育 方 法

各種目における基本的な技術(蹴り・投げ・打ち・捕球など)を指導した後,状況に応じて個々やチームに対してアドバイスを示し,必要であればデモンストレーションを行う.各種目ごとに使用する用具が異なるため,感覚を掴むために基本練習を行った後にゲームを行う.屋外種目の雨天時には,トレーニングルームや武道場にて運動や講義を行う.チーム戦後に自己評価および技能向上のための具体的な解決策をまとめ,フィードバックを行う.なお,各種目に対する教員への質問等はメールおよび対面にて直接受け付ける.また,Google classroomを通じて資料の配布や授業に関する連絡事項を伝えるため,授業前にはGoogle classroomのお知らせを確認する.*Classroom クラスコード:o2al467

準 備 学 習
(予習・復習)

【授業時間外に必要な学習の時間:30時間】

授業以外の日常生活においても,ウォーキングやストレッチ,またはトレーニングルームを利用するなど積極的に身体を動かし,体力の改善・向上を目指す時間等も含む.

予習:各種目の基本的ルールを確認する.

復習:演習内容をノートにまとめておくこと.

担当者 項目 授業内容
1
【対面】

ガイダンス

(日付:4/13)

指定された講義室において本講義の概要や諸注意事項・授業内容の説明をする.その後全員で自己紹介を行ってもらう.(更衣は不要)

2

ボッチャ

(4/20)

ボッチャのルールについて説明を行ったあと,チーム戦を行う.

3

トレーニングルームの利用説明

(4/27)

トレーニングルームにある各種機器の使用方法,トレーニング法について学ぶ.

4

バドミントン①

(5/11)

基本動作(サーブ,クリア,ドライブ,ヘアピン)の練習を行い,ダブルス戦の試合を行う.

5

バドミントン②

(5/18)

各基本動作の練習後,ローテーションでシングルあるいはダブルス戦の試合を行う.

6

バドミントン③

(5/25)

各基本動作の練習後,ローテーションでダブルス戦の試合を行う(男女混合).

7

フットサル①

(6/1)

サッカーとフットサルとの違いを学習し,パス,ドリブル等の基礎練習を行った後,ゲームを行う.

8

フットサル②

(6/8)

パス,ドリブル等の基礎練習を行った後,チーム編成を行いゲームを行う.

9

フットサル③

(6/15)

チーム編成後,チーム毎にチームワークを活かした戦術の練習を行い,その後ゲームを行う.

10

フットサル④

(6/22)

チーム編成後,リーグ戦を行う.

11

バレーボール①

(6/29)

ボールに慣れる.パートナーと一緒にボールを使ってアンダーハンドとオーバーハンドトスを行い,次はグループで行う.サーブ練習の後に試合を行う.

12

バレーボール②

(7/6)

チーム編成を行い,チーム毎に基本練習を行った後に,ゲームを行う.

13

バレーボール③

(7/13)

チーム編成を行い,チーム毎に基本練習を行った後に,ゲームを行う.

14

種目選択

(7/20)

バドミントン,フットサル,バレーボールの中から選択する.

15

個別指導

(7/27)

必要に応じて個別指導や質問等に対応する.

16

5人制サッカー①

(9/7)

ボールに慣れ,パスからドリブル,キックの基礎練習を行ったあと,練習ゲームを行う.

17

5人制サッカー②

(9/14)

パス,ドリブル,シュートの基礎練習を行ったあと,ゲームを行う.次回のリーグ戦に備えてチーム編成を行う.

18

5人制サッカー③

(9/21)

チーム毎に練習を行い,5人制サッカーのリーグ戦を行う.

19

8人制サッカー①

(9/28)

基礎練習後に,フットサルコートより大きいコートにて8人制でゲームを行う.

20

8人制サッカー②

(10/5)

チーム編成後に8人制でゲームを行う.

21

アルティメット①

(10/12)

アルティメットのルールについて説明を行い,フライングティスクの「投げる」,「捕る」技術の練習を行う.

22

アルティメット②

(10/19)

「投げる」,「捕る」技術の練習を行った後,チーム編成を行いミニゲームを行う.

23

アルティメット③

(10/26)

チームを再編成し,正式コートでゲームを行う.

24

テニス①

(11/2)

テニスのルールについて説明する.ラケットの握り方,ラケットを打つといった基本動作の練習後,ダブルスゲームを行う.

25

テニス②

(11/9)

先週の動作を復習し,ショートテニスとボレーの練習を行った後,ゲームを行う.

26

テニス③

(11/16)

サーブの練習を行い,先週の違うペアを組み,ダブルスゲームを行う.

27

テニス④

(11/30)

3週間の基礎練習を復習し,ダブルスゲームでリーグ戦を行う.

28

ターゲットバードゴルフ①

(12/7)

ルールの説明と,基本動作の練習を行い,簡易コースラウンドを行う.

29

ターゲットバードゴルフ②

(12/14)

基本動作を復習後,コースラウンドを行う.

30

個別指導

(1/11)

必要に応じて個別指導や質問等に対応する.

到 達 目 標

1) 各スポーツ種目に必要なルールや基本的な技能を身につけ,実践・説明できる.

2) 定期的に運動・スポーツを行うことにより,その種目に対する理解の向上を図り運動習慣形成の礎とする.

3) 運動・スポーツを通じて,仲間とのコミュニケーション能力を身につける.

成 績 評 価 の
方 法 と 基 準

試験方法:なし    実施時期:

各スポーツの技術(上手さ)そのものを評価することではなく,各種目の進歩度(30%),受講態度(40%),チームやパートナーに対する貢献度(30%:実施種目を過去部活で行ってきた者は達成目標に達しているので)を総合して評価する.なお,欠席と遅刻は減点とする.

学 生 へ の
メ ッ セ ー ジ
(その他注意等)

長期間に渡り身体を動かす機会がなかった受講生もいると思います.本科目にてスポーツの楽しさや爽快感を実感し,生涯スポーツとして長期間楽しめるスポーツ種目を見つけてください.

教科書・参考書 書 名 著 者 名 出 版 社 名 定 価(円)
なし 0円

オンライン授業リンク先

  1. Google Classroom:この授業は抽選に通った方のみ履修可能です。抽選に通った方のみ、Classroomへ登録して下さい。 (クラスコード:o2al467)