[L104-HH04]
教職(選択):教職免許法施行規則第66条の6に定める科目
授 業 期 間 2023年度 通年 授 業 対 象 指定なし(M学部を除く) 金2
科  目  名
健康とスポーツ演習
(Health Sports Seminar)
科 目 責 任 者 西岡 卓哉 単  位  数 2単位
担  当  者 西岡 卓哉
授 業 の 目 的

運動が不足した生活は、肥満・高血圧・糖尿病・ガンなど様々な疾患を引き起こす。したがって、学生時代に運動習慣を身につけ、生涯にわたり運動を継続してゆくことは、長い人生を健康に過ごす上で重要である。本科目では、スポーツを通して健康と体力の増進・運動技能の向上・運動習慣の形成、自己の健康管理能力の向上を図り、生涯スポーツへの契機を修得する。また、同じ種目を選択したメンバーと円滑なコミュニケーションを保つための態度や能力を身につける。

教 育 内 容

複数のスポーツに取り組む。いずれの種目でも、必要な知識、基礎技術を習得することのみならず、チームメートや相手を尊重し協力してスポーツに取り組む姿勢を身につける。特にチームスポーツでは、編成されたチーム内で互いに教え合い、技術の向上を図れるような環境を提供する。

教 育 方 法

対面授業では、体育館アリーナ、屋外グラウンドを使用し、種目ごとに編成されたチーム・グループ内での基礎練習、チーム対抗のゲームを中心に行う。前期中にはトレーニングルーム利用方法の講習も行う。オンライン授業では Google Classroom にて、映像資料及び課題を掲示する。

いずれにおいても授業の取り組みを振り返り、毎回のまとめを Google Classroom から提出する。

対面授業での感染症への対策として、更衣中や運動中の密集・密接・密閉を避けるとともに、授業前後での手洗い、手指および用具の消毒を、また熱中症等への対策として、休憩、水分補給時間の確保を徹底する。

【フィードバックの方法】

毎回の振り返りで提出された内容のうち、特徴的な見解や誤解について次回の授業でコメントする。

また、次回の回答内容の質向上に活かせるよう、評価の高い回答を担当教員のコメントを交えて全体に向けて紹介する。教員への質問等はメールおよび対面にて直接受け付ける。

準 備 学 習
(予習・復習)

【授業時間外に必要な学習の時間:30時間】

予習:各種目のルールを把握し、未経験の種目はそのプレーの様子をインターネット上の映像等で確認し、理解しておく。

復習:授業の取り組みを振り返り、毎回のまとめを Google Classroom から提出する。次回への課題を把握する。

担当者 項目 授業内容
1 西岡
【対面】

ガイダンス

指定された講義室にて授業内容の説明(更衣不用)。その後、自己紹介を行う。

2
【対面】

トレーニングルームの利用説明

総合体育館1階には設備が充実したトレーニングルームがある。トレーニング(有酸素トレーニングや筋力トレーニング)機器の利用方法について指導する。

3
【対面】

軽運動

アイスブレイクゲームと、ウォーミングアップやストレッチングの手法を説明・実践する。

4
【オンライン】

運動に関する科学的知識①

身体の仕組みと働きについて解説する。

5
【対面】

サッカー①

ルールの説明と基本動作の練習を行う。

6
【対面】

サッカー②

チーム練習と、試合形式でのゲームを行う。次回の試合に備え、個人目標を決める。

7
【オンライン】

運動に関する科学的知識②

呼吸循環器系の働きとエネルギー供給について解説する。

8
【対面】

サッカー③

練習後、試合を行う。個人目標と照らし合わせ、自身のプレーの反省を行う。

9
【対面】

サッカー④

基本動作の練習後、試合形式のゲームを行う。

10
【オンライン】

運動に関する科学的知識③

体力を構成する要素や体力トレーニングの原理・原則について解説する。

11
【対面】

ティーボール

バットで「打つ」技術の練習、ゲームのルール説明、戦術の考案、実施。

12
【対面】

ソフトボール①

ボールを「投げる」技術の練習、ゲームの説明、戦術の考案、実施。

13
【オンライン】

運動に関する科学的知識④

様々なトレーニング法について解説する。

14
【対面】

ソフトボール②

ボールを「遠くへ投げる」、グローブで「捕る」技術の応用練習、ゲームの実施。

15
【対面】

個別指導

必要に応じて個別に指導を行う.

16
【対面】

ソフトボール③

基本動作の練習後、ゲームを行う。

17
【オンライン】

睡眠と健康

健康における睡眠の重要性について解説する。

18
【対面】

ソフトボール④

チーム練習と、試合形式でのゲームを行う。次回の試合に備え、個人目標を決める。

19
【対面】

ソフトボール⑤

練習後、試合を行う。個人目標と照らし合わせ、自身のプレーの反省を行う。

20
【オンライン】

食事と健康

健康における食事や栄養素の重要性について解説する。

21
【対面】

バレーボール①

ボールに慣れる(2人1組でオーバーハンド・アンダーハンドレシーブ、トス練習等)。サービスに対するレシーブ練習、練習ゲームを行う。

22
【対面】

バレーボール②

基本練習(トス、スパイク、サーブ)後、ゲームを行い、3段攻撃を目指す。

23
【オンライン】

飲酒・喫煙・薬物と健康

飲酒および喫煙習慣や薬物乱用が健康にどのような影響を与えるのかについて解説する。

24
【対面】

バレーボール③

基本練習後、ゲームを中心に行い、ラリーが継続することや3段攻撃で得点できることを目指す。

25
【対面】

バスケットボール①

チーム練習と、試合形式でのゲームを行う。次回の試合に備え、個人目標を決める。

26
【オンライン】

心と健康

健康の保持・増進にかかわる心理的要因について解説する。

27
【対面】

バスケットボール②

練習後、試合を行う。個人目標と照らし合わせ、自身のプレーの反省を行う。

28
【対面】

バスケットボール③

基本動作の練習後、試合形式のゲームを行う。

29
【オンライン】

運動パフォーマンス向上のためのトレーニング

運動パフォーマンスを効果的に高めるためのトレーニングについて解説する。

30
【対面】

個別指導

必要に応じて個別に指導を行う.

到 達 目 標

1)各スポーツ種目の基本的な技能とルールを実践・説明できる。

2)種目に対する理解と技能の向上を図れる。

3)他者とコミュニケーションを取りながら協力してスポーツを実施できる。

成 績 評 価 の
方 法 と 基 準

試験方法:なし    実施時期:

①積極的な授業態度(30%)、②技能のレベル(10%)、③個人の技能向上への取り組み(30%)、④チームワークや他者の技能向上への貢献度(30%)を総合して評価する。なお、欠席は減点とする。

学 生 へ の
メ ッ セ ー ジ
(その他注意等)

受験勉強中は運動する機会が無かったと思いますので、スポーツの楽しさや爽快感を再確認し、生涯にわたって継続できる運動(種目)を見つけてください。

本演習の受講には、スポーツウェアやシューズ(屋内・屋外用の両方)が必要です。

教科書・参考書 書 名 著 者 名 出 版 社 名 定 価(円)
参考書

なし

オンライン授業リンク先

  1. Google Classroom:この授業は抽選に通った方のみ履修可能です。抽選に通った方のみ、Classroomへ登録して下さい。 (クラスコード:4yi2zov)